ripcity

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

       青山学院大学 研究者情報    English >>       TOPページ    基幹教員 担当科目 専門分野及び関連分野 学歴・学位 職歴 所属学会 賞 学生指導及び学内行政分担 研究課題・受託研究・科研費 研究業績(著書・論文等) 研究業績(学会発表)     (最終更新日:2024-04-01 20:31:44)   ヤザワ ケンイチ   YAZAWA Kenichi   矢澤 憲一    所属   青山学院大学  経営学部 経営学科    職種   教授 ■ 基幹教員 主要授業科目担当 ■ 担当科目 財務会計論Ⅰ,財務会計論Ⅱ,財務会計論,簿記論Ⅱ,中級簿記Ⅰ,中級簿記Ⅱ,アカウンティング基礎Ⅰ,アカウンティング基礎Ⅱ,経営演習Ⅰ(1),経営演習Ⅰ(2),経営演習Ⅱ(1),経営演習Ⅱ(2),簿記論ⅡA,簿記論ⅡB,会計監査研究Ⅰ,会計監査研究Ⅱ ■ 専門分野及び関連分野 会計・監査・ガバナンスに関する実証分析, 財務報告に関するテキスト分析 (キーワード:会計、監査、コーポレート・ガバナンス、財務報告、企業報告、テキスト・マイニング、機械学習)  ■ 学歴・学位 1. 一橋大学大学院商学研究科経営・会計専攻博士後期課程修了 2. 一橋大学 博士(商学) ■ 職歴 1. 2001/04~2001/09 一橋大学 教務補佐員(IT特別講座担当) 2. 2002/10~2003/03 一橋大学 教務補佐員(実証的会計分析担当) 3. 2004/04~ 國學院大學 非常勤講師(簿記と財務報告) 4. 2005/04~2009/03 青山学院大学 経営学部 経営学科 専任講師 5. 2009/04~2017/03 青山学院大学 経営学部 経営学科 准教授 6. 2012/09~2013/08 ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア) 客員教授 7. 2017/04~ 青山学院大学 経営学部 経営学科 教授 5件表示 全件表示(7件) ■ 所属学会 1. 2003/12~ ディスクロージャー研究学会 2. 2004/09~ 日本会計研究学会 3. 2005/06~ 日本インベスター・リレーションズ学会 4. 2017/04~ ∟ 理事 5. 2006/09~ 国際会計研究学会 6. 2010/04~ アメリカ会計学会 7. 2010/04~ ヨーロッパ会計学会 8. 2010/07~ 日本監査研究学会 5件表示 全件表示(8件) ■ 賞 1. 2011/09 日本会計研究学会 日本会計研究学会 学会賞(論文部門) ■ 学生指導及び学内行政分担 1. 2022/04/01~2024/03/31 青山学院大学 経営学部経営学科主任 2. 2024/04/01~2025/03/31 青山学院大学 リエゾンセンター副センター長 ■ 研究課題・受託研究・科研費 1. 2006/04~  コーポレート・ガバナンス、会計監査、利益の質をめぐる問題の解明 若手研究(B)  2. 2006/04~  企業評価、企業価値をめぐる問題の解明 個人研究  3. 2006/04~2008/03  経営戦略レバレッジによる企業価値の創出に関する多面的な理論的・実証的研究 基盤研究(B)(研究分担者)  4. 2008/04~2011/03  コーポレート・ガバナンス、会計監査、利益の質の関連性に関する実証的研究 若手研究(B)(研究代表者(単独))  5. 2008/04~  監査報酬評価モデルの研究 個人研究  6. 2008/04~2011/03  自発的ディスクロージャーの実証的研究 基盤研究(B)(研究分担者)  7. 2010/04~  監査人の独立性に関する実証的国際比較研究 個人研究  8. 2012/04~2015/03  会計情報の開示とショートターミズム(近視眼的経営)の関係性についての多面的研究 基盤研究(B)  9. 2012/04~2015/03  監査報酬評価モデルの理論的検討および実証的国際比較研究 若手研究(B)(研究代表者(単独))  10. 2015/04~2018/03  コーポレート・ガバナンスにおける内部監査機能に関する実証的研究 基盤研究(C)  11. 2018/04~2021/03  質的比較分析(QCA)を用いた衣料品小売業と飲食料品小売業の研究 基盤研究(C)  12. 2020/04~2023/03  テキストマイニングの手法を活用した有価証券報告書の実態分析および実証分析 基盤研究(B)  5件表示 全件表示(12件) ■ 研究業績(著書・論文等) 1. 著書  企業会計研究のダイナミズム   (共著) 2012/05 2. 論文  「コーポレート・ガバナンスの質」評価モデルの研究 : テキストマイニングを用いて 青山経営論集 55(4) (単著) 2021/03 3. 論文  テキストマイニングを用いた「監査上の主要な検討事項(KAM)」の分析 : 2021年3月期全面適用に向けた予備的考察 ディスクロージャー&IR 16 (単著) 2021/02 4. 論文  2号連続企画 テキストマイニングでみえてきた日本企業開示の特徴(第2回)2020年3月期決算短信におけるコロナディスクロージャーの分析 企業会計 = Accounting 72(11),1524-1532頁 (共著) 2020/11 5. 論文  2号連続企画 テキストマイニングでみえてきた日本企業開示の特徴(第1回)全上場企業15年分・のべ55,000社の有報記述情報分析 企業会計 = Accounting 72(10),1401-1409頁 (共著) 2020/10 6. 論文  テキストマイニングを用いた会計、監査、ガバナンス研究の新たな潮流、そして二〇三〇年の監査研究 會計 197(3),297-308頁 (単著) 2020/03 7. 論文  日本監査研究学会 第41回東日本部会リポート : 統一論題 リスクの多様化と監査の有効性 会計・監査ジャーナル : 日本公認会計士協会機関誌 31(10),126-128頁 (単著) 2019/10 8. 論文  第41回東日本部会リポート : 統一論題 : リスクの多様化と監査の有効性 月刊監査役 = Journal for audit & supervisory board members (700),102-106頁 (単著) 2019/10 9. 論文  経済のグローバル化と監査の質 : 監査人,監査報酬,監査意見の国際比較分析 (統一論題報告 経済のグローバル化と会計上のコンフリクト) 国際会計研究学会年報 = Bulletin of Japanese Association for International Accounting Studies 2018(1),47-62頁 (単著) 2019/07 10. 論文  監査報酬の国際実証研究 : 日本企業の監査報酬は増えたのか? 青山経営論集 53(3) (単著) 2018/12 11. 論文  日本データを用いたアーカイバル監査研究の可能性 : 我々は日本の監査の質について何を知っているのか 青山経営論集 53(2) (単著) 2018/09 12. 論文  The Relationship between Audit Team Composition, Audit Fees and Quality Auditing: A Journal of Practice and Theory 36(3) (共著) 2017/08 13. 論文  監査報酬の国際実証研究:なぜ日本企業の監査報酬は低いのか 青山経営論集 53(3) (単著) 2016/12 14. 論文  日本監査研究学会 第37回東日本部会リポート 統一論題 内部監査と外部監査の連携 : 国際比較とあるべき姿の検討 会計・監査ジャーナル : 日本公認会計士協会機関誌 27(10),108-110頁 (単著) 2015/10 15. 論文  コーポレート・ガバナンスにおける内部監査の機能の研究(中間報告) 監査研究 = Journal of the Institute of Internal Auditors-Japan 41(9),13-29頁 (単著) 2015/09 16. 論文  コーポレート・ガバナンスにおける内部監査の機能(中間報告) 月刊監査研究 502 (共著) 2015/09 17. 論文  The incentive factors for the (non-) disclosure of material weakness in internal control over financial reporting: Evidence from J-SOX mandated audits International Journal of Auditing 103-116頁 (単著) 2015/07 18. 論文  アカデミック・フォーサイト : 一歩先行く学者の視点 なぜ日本企業の監査報酬は低いのか : 31か国による国際比較研究 26巻3号 87-95頁 (単著) 2014/03 19. 論文  アカデミック・フォーサイト : 一歩先行く学者の視点 なぜ日本企業の監査報酬は低いのか : 31か国による国際比較研究 会計・監査ジャーナル : 日本公認会計士協会機関誌 26(3),87-95頁 (単著) 2014/03 20. 論文  監査報酬の国際実態比較 : 日本企業の監査報酬は本当に低いのか? 青山経営論集 267-281頁 (単著) 2013/09 21. 論文  監査報酬評価モデルの研究Ⅱ−内部統制監査の導入に焦点を当てて(2007−2011) 青山経営論集 79-97頁 (単著) 2012/07 22. 論文  内部統制監査のコストと効果−監査の質の解明に向けたニューアプローチ 証券アナリストジャーナル 39-48頁 (単著) 2012/05 23. 論文  コーポレート・ガバナンス、監査報酬、利益管理の関連性 会計プログレス (12),28-44頁 (単著) 2011/09 24. 論文  Big4と監査の質ーモラルハザード仮説の検証 青山経営論集 159-179頁 (単著) 2011/07 25. 論文  日本の監査制度を考える(3)監査人の独立性規制 企業会計 442-227頁 (共著) 2011/03 26. 論文  Big4と監査の質-監査コスト仮説と保守的会計選好仮説の検証 青山経営論集 167-181頁 (単著) 2010/03 27. 論文  内部統制の実証分析-決定因子、利益の質、証券市場の評価- インベスター・リレーションズ 3-28頁 (単著) 2010/03 28. 論文  監査報酬評価モデルの研究 青山経営論集 第44巻(第3号) (単著) 2009/12 29. 論文  「監査報酬と利益の質―専門性・独立性低下仮説の検証―」 『会計』(森山書店) 89-102頁 (単著) 2008/09 30. 論文  「監査報酬と非監査報酬の関連性」 『会計プログレス』(日本会計研究学会) (8),93-105頁 (単著) 2007/09 31. 論文  「会計・監査の質をめぐる実証分析―わが国監査の機能と経営者の会計行動―」 一橋大学博士学位論文(一橋大学) 1-145頁 (単著) 2005/03 32. 論文  「監査の独立性に関する実証分析―被監査企業の規模が会計政策に与える影響を中心として―」 『企業会計』(中央経済社)  (単著) 2005/01 33. 論文  「監査人の交代が会計政策に与える影響」 『一橋論叢』(一橋大学一橋学会) 144-164頁 (単著) 2004/11 34. 論文  「コーポレート・ガバナンスと裁量的会計発生高―取締役会の構造を中心として―」 『一橋論叢』(一橋大学一橋学会) 155-173頁 (単著) 2004/05 35. 論文  「日本的コーポレート・ガバナンスと会計行動」 一橋大学修士学位論文(一橋大学) 1-177頁 (単著) 2002/01 5件表示 全件表示(35件) ■ 研究業績(学会発表) 1. 2011/10/18 Does Audit Partner Rotation enhance audit quality? Evidence from Japan.(23rd. Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues) 2. 2011/09/18 監査人の交代が監査の質に与える影響(日本会計研究学会) 3. 2011/04/22 Why Don't Japanese Companies Disclose Internal Control Weakness?: Evidence from J-Sox Mandated Audits(34th Annual Congress of the European Accounting Association) 4. 2010/11/08 Why Don't Japanese Companies Disclose Internal Control Weakness?: Evidence from J-Sox Mandated Audits(Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues) 5. 2010/09/10 コーポレート・ガバナンス、会計監査、利益の質の関連性(日本会計研究学会) 6. 2010/03/06 内部統制の実証分析-決定因子、利益の質、証券市場の評価-(日本IR学会) 7. 2008/09/09 監査報酬プレミアムに関する実証分析(日本会計研究学会(単独)) 8. 2007/09/03 監査報酬と利益の質―独立性、それても専門能力?―(日本会計研究学会(単独)) 5件表示 全件表示(8件)  閉じる   このページの先頭へ Copyright © Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.

ティエムテニス BeeBet(ビーベット)のサッカーの賭け方を徹底解説【2022年 ... ラッキーニッキーログイン BeeBet(ビーベット)のサッカーの賭け方を徹底解説【2022年 ...
Copyright ©ripcity The Paper All rights reserved.